読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おでかけ譚

都内の大学生の旅行日記です

12月の乾徳山 Last

前回の続きです。

20~30分の休憩を挟み、下山に入っていきます。

 

13:02 頂上下山

 f:id:yoakenawreath209:20170322175710j:image

元来た道を戻っていきます。

お昼になったのか他の登山者にもちらほらすれ違うようになりました。

 

 

13:39 扇平

f:id:yoakenawreath209:20170322175835j:imagef:id:yoakenawreath209:20170322175912j:image 

下山しながら見下ろす草の原というものも乙なものです。

 f:id:yoakenawreath209:20170322180023j:image

絶景もいまだ健在です。

 

14:00 国師ヶ原

元来た道を戻るのもいいですが、それも味気ないですし、なによりクマにもう一度遭いたくないので大平高原方面に足を進めます。

 

 f:id:yoakenawreath209:20170322180114j:image

道は思ったより平坦?

 f:id:yoakenawreath209:20170322180151j:image

富士がよく見える地点と紹介されてますが、格段に扇平での富士のほうが眺めが良いです。

 

14:08 月見岩

 f:id:yoakenawreath209:20170322180220j:image

月見岩という箇所がありましたが、あまりよくわからないのと先を急いでいたこともあってここはスルーします。

 f:id:yoakenawreath209:20170322180311j:image

ここからはずっと尾根、尾根、尾根。

落葉のせいで穴や坂があっても気づけないのがなかなかつらいです。

 

14:40 道満山 頂上

 f:id:yoakenawreath209:20170322180329j:image

尾根の途中にポツンとありました。

特筆することもないので先を急ぎます。

 f:id:yoakenawreath209:20170322180404j:image

何故ここまで急いで下山しているのかというと、このあと用事があり、それに間に合うためには15:36の山梨市駅行きのバスに乗る必要があったからです。

 

購入した地図には所要時間が書いており、普通に下山しては20分オーバーすることに気がつき、転げ落ちるかのように降りて行ったのでほとんど写真を撮れていません。

 

今どのあたりにいるんだろう……

 

 f:id:yoakenawreath209:20170322180434p:image

えっ……

 

間に合うのかこれ……

 

15:13 乾徳山登山口(徳和方面)

 

f:id:yoakenawreath209:20170322180521j:image 

30分で300m滑り落ちてきました。案外本気になればなんとかなるもんです。

 f:id:yoakenawreath209:20170322180545j:image

獣害防止用ゲート。閉じ込められたのかと思った。

 f:id:yoakenawreath209:20170322180609j:image

最初の方の集落に戻ってきました。この時点で残り20分あったのでもう大丈夫です。

 

 f:id:yoakenawreath209:20170322180638j:imagef:id:yoakenawreath209:20170322180659j:image

時間もあったのですぐ近くの小さなお寺へ。

吉祥寺というらしいです。

 

15:27 登山口バス停

f:id:yoakenawreath209:20170322180749j:image

10分後、行きと同じバスが来たのでそれに乗車。

薄暗くなってきていたので、景色はあまり気にせず眠りこくっていました。

 

実はこのバスの運転手、往路と同じ人だったらしく降車の際に色々と話す機会がありました。

 

頂上まで行ってこの時間に帰ってきたことに驚いていたみたいです。

滑り落ちてきたからね。

f:id:yoakenawreath209:20170322180813j:image 

とにもかくにもこれにて登山記は終了です。

また何かあればマイペースで書いていきますのでよろしくおねがいします。