読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おでかけ譚

都内の大学生の旅行日記です

2017年春 サイコロの旅 Part2

~前回までのあらすじ~

17日の夜11時に東京駅で発車する夜行快速「ムーンライトながら」でとりあえず西に向かう一向。

我々は一体どこまで西に向かうのか。

 

0:20 小田原駅

ようやく日付をまたいだ頃には、神奈川西部の小田原駅に到着していた。

 

 

ご一行、夜行バスでは無いことに最初は安堵していたものの徐々に違和感に気づいている様子。

 

 

「これ、寝れなくね?」

 

MLながら、もとい「走るスラム街」に乗車することは一種のエクストリームスポーツであり、競技中に寝ることなど言語道断なのである。

 

(Tくんはその中でも騒音が比較的少ない車両の指定席を選んでくれている)

 

 

3:00 浜松駅

f:id:yoakenawreath209:20170329155946j:imagef:id:yoakenawreath209:20170329160005j:image

 

静岡西部、浜松駅に到着。

 

現時点でほぼ全員起きていました。

もはや寝るのを諦めました。

 

f:id:yoakenawreath209:20170329160127j:image

長時間停車をしている状態なので、撮るにはいい機会。

 

あと約2時間……

 

余談だが、一行の乗る車両には全指定席完売のアナウンスがある割にちらほらと空席が目立つ。

 

途中駅まで(少ないとは思うが)の客か、ただ単に旅行中止した客もその中にはいるだろうが、恐らくは1人で2つ買ってスペース取ろうって連中なので、いい迷惑である。

(JRもその分の乗車券とりっぱぐれる訳なので)

 

5:10 大垣駅

岐阜県は大垣に到着した。

 

停車2分前にはほぼ全ての乗客がドア前に位置して開くのを待機している。

 

 

MLながらを乗り終えたあと、実はもう1つエクストリームスポーツが残されており、それが「大垣ダッシュ」である。

 

 

向かいにある2302F 米原行き普通に我先に座ろうと大垣駅構内を走る様子が、大変阿鼻叫喚と化すため、皮肉として呼ばれている。

 

なお、構内をダッシュすることを是と思ってないJR東海は何度か諌言してるが改善の兆しが見られないため、2016年3月26日のダイヤ改正で4両→8両に増加したおかげでだいぶ混雑は緩和された。(因果関係は定かでない)

 

 

なお、乗り遅れるとだいぶ痛手を食う。

 

とにもかくにも、我々はハナから位置が悪い状態からスタートしたので、座席戦争には参加せず、普通米原行に乗り継ぐことだけに専念した。

 

2本目 

東海道本線 2302F

普通│米原

大垣→米原

 

案の定、お目当ての列車は満席だった。

身動きが出来ないほど混雑というわけではないものの、エクストリームスポーツ2連続の後に立ちっぱなしは辛いものがある。(なお午前5:30)

 

大垣から2駅西に行くと、関ヶ原駅に到着する。

 

周りが山に囲まれている関ヶ原は、1600年における合戦場ということ以外にも、日本史上重要な場所であった。

 

周りが山である以上、輸送機関はここを通らざるを得ないため、江戸時代から交通の要所とされ、現在でも名神高速東海道新幹線、在来線、国道21号線が通っている。

 

加えて敦賀~名古屋を結ぶ地点でもあったため、東西南北へと繋がる地点だったのである。

 

そんな場所だが、特に一瞥するだけで通りすぎた我々はさらに西へ向かった。

 

Part3に続く

 

 

 

 

2017年春 サイコロの旅 Part1

 

こんにちは、あっさむです。

 

お彼岸が過ぎたとはいえ、寒い日はなかなか終わりそうにありません。

 

 

さて、今回は3月18日~20日の3連休を使って、『サイコロの旅』を行ってきました!

 f:id:yoakenawreath209:20170323135651j:image

~サイコロの旅とは?~

北海道ローカルテレビ局HTVの番組『水曜どうでしょう』の看板企画が元ネタ。

f:id:yoakenawreath209:20170323135223j:image

行先が6種類書かれたフリップを用意し、参加者がサイコロを振ってその出た目の行先に向かう。

行先にはゴール方面とは真逆のものも存在するが、必ずそれに従わなければならない。

 

ちなみに本家の初回では東京から千歳に行く形で行われた。

 

基本は本家のルールに則って行うが、

・移動は特に指定がない限りはJR(青春18きっぷを使うため)

・行先指定の基準

  次の行先にバリエーションが出る地点

  本日中に乗り継げる場所がある地点

 以上のことを基準にゴールに向かうマス、遠ざかるマスをバランスよく配置した。

 

振るサイコロに関しては、本家おなじみのサイコロキャラメルを使っていく。

 

18切符の最大携行人数である5人で本サイコロの旅を実行する。

ルート作成は主宰者兼カメラマンであるT君、サブ決定の自分、参加者としてS君、K君、O君というメンバーとなった。

なお、ルート作成以外のメンバーは基本的に振る行先、むしろスタート地点ですら直前まで通知されてはいない。

 

 

 

0日目 3月17日 

22:30 東京駅

f:id:yoakenawreath209:20170323132139j:plain

日本の首都の中心に聳える東京駅。

在来線や地下鉄は勿論のこと、東北新幹線東海道新幹線の起点ともなる名実ともに重要なターミナルといえる。

 

我々5人はこれから迎える長い旅路に思いを馳せつつ、10番線(東海道線ホーム)に終結した。

 

今回のサイコロ、東京駅に集まったものの実際に開始されるのは東京駅ではない。

そのため、明日の朝にはそのスタート地点に着いていなければならないのだが、在来線に乗るには如何せん時間が遅い。

 

そのため、1本目の列車は……

 

1本目

f:id:yoakenawreath209:20170323135301j:imagef:id:yoakenawreath209:20170323135358j:imagef:id:yoakenawreath209:20170323135416j:image

東海道本線 9391M

快速ムーンライトながら|大垣

東京2310→大垣550

 

18切符シーズンに臨時快速として運転されるMLながらに乗って西方向へ。

バスじゃないだけありがたいとは思うものの、途中消灯しないんで普通に眠れないという。

 

f:id:yoakenawreath209:20170323135328j:image 

18切符は特定区間以外では日を跨いでしまうと効力が無くなるので、最大限安くできる小田原までの切符を購入。

 

我々は一体どこまでスタート地点を目指して西に向かうのか……

 

Part2に続く

 

 

12月の乾徳山 Last

前回の続きです。

20~30分の休憩を挟み、下山に入っていきます。

 

13:02 頂上下山

 f:id:yoakenawreath209:20170322175710j:image

元来た道を戻っていきます。

お昼になったのか他の登山者にもちらほらすれ違うようになりました。

 

 

13:39 扇平

f:id:yoakenawreath209:20170322175835j:imagef:id:yoakenawreath209:20170322175912j:image 

下山しながら見下ろす草の原というものも乙なものです。

 f:id:yoakenawreath209:20170322180023j:image

絶景もいまだ健在です。

 

14:00 国師ヶ原

元来た道を戻るのもいいですが、それも味気ないですし、なによりクマにもう一度遭いたくないので大平高原方面に足を進めます。

 

 f:id:yoakenawreath209:20170322180114j:image

道は思ったより平坦?

 f:id:yoakenawreath209:20170322180151j:image

富士がよく見える地点と紹介されてますが、格段に扇平での富士のほうが眺めが良いです。

 

14:08 月見岩

 f:id:yoakenawreath209:20170322180220j:image

月見岩という箇所がありましたが、あまりよくわからないのと先を急いでいたこともあってここはスルーします。

 f:id:yoakenawreath209:20170322180311j:image

ここからはずっと尾根、尾根、尾根。

落葉のせいで穴や坂があっても気づけないのがなかなかつらいです。

 

14:40 道満山 頂上

 f:id:yoakenawreath209:20170322180329j:image

尾根の途中にポツンとありました。

特筆することもないので先を急ぎます。

 f:id:yoakenawreath209:20170322180404j:image

何故ここまで急いで下山しているのかというと、このあと用事があり、それに間に合うためには15:36の山梨市駅行きのバスに乗る必要があったからです。

 

購入した地図には所要時間が書いており、普通に下山しては20分オーバーすることに気がつき、転げ落ちるかのように降りて行ったのでほとんど写真を撮れていません。

 

今どのあたりにいるんだろう……

 

 f:id:yoakenawreath209:20170322180434p:image

えっ……

 

間に合うのかこれ……

 

15:13 乾徳山登山口(徳和方面)

 

f:id:yoakenawreath209:20170322180521j:image 

30分で300m滑り落ちてきました。案外本気になればなんとかなるもんです。

 f:id:yoakenawreath209:20170322180545j:image

獣害防止用ゲート。閉じ込められたのかと思った。

 f:id:yoakenawreath209:20170322180609j:image

最初の方の集落に戻ってきました。この時点で残り20分あったのでもう大丈夫です。

 

 f:id:yoakenawreath209:20170322180638j:imagef:id:yoakenawreath209:20170322180659j:image

時間もあったのですぐ近くの小さなお寺へ。

吉祥寺というらしいです。

 

15:27 登山口バス停

f:id:yoakenawreath209:20170322180749j:image

10分後、行きと同じバスが来たのでそれに乗車。

薄暗くなってきていたので、景色はあまり気にせず眠りこくっていました。

 

実はこのバスの運転手、往路と同じ人だったらしく降車の際に色々と話す機会がありました。

 

頂上まで行ってこの時間に帰ってきたことに驚いていたみたいです。

滑り落ちてきたからね。

f:id:yoakenawreath209:20170322180813j:image 

とにもかくにもこれにて登山記は終了です。

また何かあればマイペースで書いていきますのでよろしくおねがいします。

12月の乾徳山登山 3rd

yoakenawreath209.hatenablog.com

前回の続きです。

今登っている登山道自体は山頂からちょうど南に位置する為、南中する太陽が強めに扇平を照りつけてました。

そのため、冬山とはいえどもだいぶ暑くなってきたので防寒対策は若干裏目に出ました。

f:id:yoakenawreath209:20161221170222j:image

f:id:yoakenawreath209:20161221170353j:image

扇平から頂上までの道は徐々に岩場へと姿を変えていきます。所々で道を誤りやすいポイントがあるので、木に括りつけられた赤い紐や赤丸を道標に気をつけて進んで行きます。

f:id:yoakenawreath209:20161222091242j:image

西の視界が遮られていないときは基本的にどこからでも富士山や麓の様子が確認できます。

途中に突出した岩場もあるので、たびたび足を止めて写真を撮りつつ登っていきました。

f:id:yoakenawreath209:20161222091915j:image

個人的に気に入ってるのが上の写真です。

眼下に山梨の街並みと山々が臨めます。

f:id:yoakenawreath209:20161222091949j:image

f:id:yoakenawreath209:20161222091957j:image

12:20 髭剃岩

f:id:yoakenawreath209:20161222092101j:image

少し歩くと、2つにパカッと割れた髭剃岩が見えてきます。

普通の人ならこの間に入ることも出来るくらいの間でした。

f:id:yoakenawreath209:20161222092444j:image

ここからは鎖場や急な岩場が急増してくるので、三点支持が必須となります。

雪や岩が濡れてるといった悪い状況ではなかったので、スリップの危険性はほとんど無いですが、それでも注意して登るようにしましょう。

12:24 カミナリ

f:id:yoakenawreath209:20161222120126j:image

f:id:yoakenawreath209:20161222120149j:image

カミナリ岩に着きました。名前の由来は知りませんが形状からそうなったんですかね(適当)

ここでは鎖場が登場しますが落ち着いて1歩づつ登っていけばまず大丈夫です。

f:id:yoakenawreath209:20161222120253j:image

半分くらい登ると2本の鎖が現れます。どっちも大して変わらないですが、右の方が若干傾斜がゆるそうな気がしました。

 

登山用品専門店の好日通販

 12:28 雨乞岩

f:id:yoakenawreath209:20161223173803j:plain

12:29 胎内

f:id:yoakenawreath209:20161223174126j:plain

特徴的な岩が何度か登場します。

特に後者の胎内は下に入り込むことも出来る(らしい)ので、複数人で訪れた時はここで写真を撮ってみても面白そうです。

12:36 鳳岩

f:id:yoakenawreath209:20161223174806j:plain

登り最後の関門、鳳岩につきました。

f:id:yoakenawreath209:20161223175304j:plain

2,000mの標高は視界を遮るものがほとんどありません。

此処までくると残すは目の前の絶壁だけです。

f:id:yoakenawreath209:20161223175923j:plain

今までの鎖場に比べて高さも傾斜も段違いですが、とても親切なことに手や足を掛けるところの岩に切れ込みが入っているので、これを目安として最大限利用しましょう。

なるべく後ろを振り返らない方がいいと思います。

自分は途中で写真を撮ろうとして振り返った時に携帯電話を落として往復する羽目になりました。

12:42 乾徳山頂上

f:id:yoakenawreath209:20161223175943j:plain

f:id:yoakenawreath209:20161223180925j:plain

f:id:yoakenawreath209:20161223180943j:plain

f:id:yoakenawreath209:20161223180951j:plain

f:id:yoakenawreath209:20161223181029j:plain

乾徳山、2,031m、登頂成功しました。

一人での登山でしっかり山頂まで行ったのは今回が初めてだったので、手当たり次第写真を撮りました。

予想を裏切らず、天気の良さが功を奏して山頂からの景色は筆舌に尽くしがたいです。

 f:id:yoakenawreath209:20161223183225j:image

看板があったので他の登山者さんにシャッターを切ってもらいました。

山頂は広いわけではないですが、数人程度が腰を下ろすことが出来るくらいのキャパシティーがあるので、とりあえずここでお昼にします。時分も丁度いいので。

 

一息ついたところで下山を敢行していきます。

 

4thに続く

yoakenawreath209.hatenablog.com

 

 

12月の乾徳山登山 2nd

yoakenawreath209.hatenablog.com

 

 

 

前回の続きです。

f:id:yoakenawreath209:20161221004332j:plain

 

f:id:yoakenawreath209:20161221004425j:plain

 

駒止までの道のりは特筆することもないような林道です(覚えてないだけ)

1時間近く歩いて、そろそろ新鮮味が無くなってきたところに事件が起きました。

 

 

f:id:yoakenawreath209:20161221004841j:plain

林道を蛇行しつつ登っていき、一息つこうとして腰を下ろしたときに黒い物体が目に入りました。

大型の哺乳類のような体躯をしていたので、目撃情報のあるシカかなと思って眺めていたら……

 

クマやん!

体長50~100㎝くらいの仔熊が20mくらい離れたところにいて、一瞬血の気が引きました笑

幸い相手はこちらに気付いてなかったみたいなのでゆっくりあとずさるようにその場から退散しました。

そのまま下山することも考えたのですが、クマは下っていったこととバスの時間の調整もしてなかったので、とりあえず登ることにしました。

11:07 錦晶水

f:id:yoakenawreath209:20161221102047j:image

視界が開け、若干広々としたところに出てきました。 本当はここで何分か休憩してこうと思っていたのですが、クマに遭った恐怖心で留まるのが少し不安だったので先を急ぎました。

皮肉にもほぼノンストップなのでいいペースです。

11:20 国師ヶ原

f:id:yoakenawreath209:20161221102507j:image

おそらく頂上のようなものが見えます。

f:id:yoakenawreath209:20161221102721j:image

f:id:yoakenawreath209:20161221102747j:image

ここは乾徳山登山におけるターニングポイントで、頂上方面には水ノタルか扇平を経由する道、山麓方面には大平、徳和集落か乾徳山登山口(今回の往路)に続く十字路ががあります。

今回はまっすぐいって扇平経由のルートをとりたいと思います。

 

11:24 高山ヒュッテ

その前に1度小休止を挟みます

 

f:id:yoakenawreath209:20161221104418j:image

高山ヒュッテ自体は通年開いているようです。

f:id:yoakenawreath209:20161221104440j:image

先客が置いていったと思われる食料が……

f:id:yoakenawreath209:20161221104312j:image

トイレは山梨県観光協会が通知しているように12/7あたりで閉鎖されているので、入口バス停付近の公園で済ますようにしましょう。

 

扇平を目指して歩いて行きます。

f:id:yoakenawreath209:20161221105727j:image

役小角岩。このあたりの林道は勾配も少なく登りやすいと思います。

このあたりで他の登山者の気配を感じたので少し安心しました。(季節も季節なのでここまで登山者に誰にも会わなかったため)

始発バスで向かったのは自分1人だけだったので、大平の方からの登山者でしょうか。

岩場の露出や気温が上がって霜が溶けたのも相まって、足元のコンディションはだいぶ悪いです。勾配もだんだんキツくなっていく……

 

他の登山者さんと話を交えつつ、ふと振り返ってみると……

f:id:yoakenawreath209:20161221110337j:image

木の裏には……

f:id:yoakenawreath209:20161221110839j:image

富士山です(角度調整)

元々の景色も宛ら、快晴でかなり明瞭に確認できました。

国師ヶ原から扇平までの道の後半は視界を遮る木々がなくなるのでここからの眺望はかなりおすすめです。

f:id:yoakenawreath209:20161221111820j:image

青空の下の雄大な稜線が綺麗です。

11:56 扇平 

f:id:yoakenawreath209:20161221111625j:image

扇平まで来ました。

ここまで来ると山に登っているといった実感がふつふつと湧いてきます。

景観を楽しみつつ、残り300mに向けての準備を整えて山頂に臨みます。

 

3rdに続く

 

yoakenawreath209.hatenablog.com

 

 

 

12月の乾徳山登山 1st

 こんにちは、あっさむです。

f:id:yoakenawreath209:20161220223132j:plain

 

記念すべき最初の記事は乾徳山登山のレポートになります。

まずは紹介から。

乾徳山(標高2,031m)

場所:山梨県秩父前衛

 

恵林寺の乾の方角(八方位で言う北西)に位置し、徳和村にあったことからその名前がついたとか。

他の方の登山記事をみると、急な岩場はあるもののアクセスは良好でありながら景色も素晴らしい山とのことだったのでアタックしてみました。

9:08 山梨市駅

f:id:yoakenawreath209:20161220233049j:plain

先発のあずさ車内で非常ボタンが押されたらしく7分遅れで走行のアナウンスがあったので、バスの乗り継ぎに間に合うかどうか微妙なところでした。

結果として遅れは1分で収まったので特に問題はありませんでした。

9:12 山梨市営バス乗車

f:id:yoakenawreath209:20161220233105j:plain

定刻に西沢渓谷行のバスが来ました。

通年で6本/日(年始を除く)ですので思いの外交通の便は良さそうですが、帰りのバスの最終が16:51なので割と時間はシビアです。乗客は私を含めて3名でした。

乗車中、始めの方は市街地を走行しているのですが、徐々に入り組んだ隘路を進んで行き、気づけば乗客は私一人になってしまいました。

9:44 乾徳山登山口バス停

f:id:yoakenawreath209:20161220234104j:plain

申し分のないくらいの快晴です。

f:id:yoakenawreath209:20161220234119j:plain徳和川に沿って登山口まで歩いていきます。

既に若干の傾斜がありますが、準備運動として上っていきました。

f:id:yoakenawreath209:20161220234810j:plain

釣り堀があったせいなのか、ソフトクリーム屋台の屍が転がっています。

f:id:yoakenawreath209:20161220234857j:plain

登山口に至るまでの道はしっかりと標識があるのでそれに従いましょう。

f:id:yoakenawreath209:20161220234947j:plain

滝のようなもの。

f:id:yoakenawreath209:20161220235321j:plain

落石注意の看板。落石には「落ちてくる石」と「落ちている石」が意味されているので、ここからは上空と地面に気をつけて歩いていきます。

f:id:yoakenawreath209:20161220235905j:plain

登山口まで500m地点。12月なので最低限の服装で臨みましたがそれも杞憂に終わりました。(逆に邪魔だったり……ww)

ちなみにこの時点での標高は約1,000mでした。

f:id:yoakenawreath209:20161221000152j:plain

今年は11月中に首都圏でも雪が降っていたので路面の状況が心配でしたが大丈夫そうです。

10:04 乾徳山登山口

f:id:yoakenawreath209:20161221000202j:plain

f:id:yoakenawreath209:20161221000641j:plain

やっとついた!(ちょっと疲れた)

二手に分かれていますが、乾徳山は右の坂を上る必要があります。

 

 

f:id:yoakenawreath209:20161221000707j:plain

クマ注意の看板。見るたびに思うんですが、遭ってしまったらどうしようもない気もしますが……ww

f:id:yoakenawreath209:20161221001228j:plain

林道はだいぶ石が露出しています。

f:id:yoakenawreath209:20161221001250j:plain

霜柱が発生してました。

f:id:yoakenawreath209:20161221001337j:plain

f:id:yoakenawreath209:20161221001702j:plain

標識があるのでそれに従っていけば大きく迷うことはないです。

 

10:29 銀晶水

f:id:yoakenawreath209:20161221001744j:plain

渓流が流れていました。味わってみようと近づくと周りの地面がぬかるんでいたために靴が浸水する罠が…… しかも、水自体は大部分が凍っていて飲めそうにもないので先を急ぎます。

 

2ndに続く

 

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

現金がどんどん貯まるオンラインモール

 

yoakenawreath209.hatenablog.com

 

 

【重要】当ブログについて

初めまして、あっさむです。

 

まず始めに、当ブログの方向性について(変更可能性あり)

トピック

国鉄道路線乗りつぶし(現在約6割)

登山(ハイキング~中級レベル)

について書いていく予定です。

勿論気分で書くことは変わると思うので目安ということで笑

 

何かリクエストなどありましたらいつでもどうぞ